投稿者のアーカイブ

調査を語る(3) 東京大空襲に出会う

2014年3月6日 木曜日

連載「NPOサーベイ、調査を語る」の第3回目です。この連載では木村豊による東京大空襲調査のフィールドを訪ねています。これまでの第1回第2回ではビデオ映像をお届けしましたが、今回からは趣向を変えて、座談会の模様をお伝えしたいと思います。

この座談会に参加したのはNPOサーベイのスタッフです。木村のほかに、上村勇夫、岩舘豊、松尾浩一郎のあわせて4人が集まりました。横網町公園の東京都慰霊堂などを歩いたあと、両国のとある喫茶店で4人の対話が行われました。木村の調査を題材としつつも、それぞれが社会調査についてさまざまな考えを述べ、意見を交換したのです。まず最初の話題になったのは調査を始めた動機、きっかけです。

***

東京大空襲に出会う

(上村)木村さんはどうして東京大空襲に興味をもたれたんだろう。まずはその辺から改めて聞かせていただけたら……。

(木村)そうですね、どこにきっかけみたいのを見るかっていうのは難しくて。自分が学部3年の時に、戦後60年で、そのとき社会科の教員免許を取ったり、あとは博物館の学芸員の資格をとったりしていたので、教材研究だったり、展示実習だったり、そういうので、戦争の問題を取り上げていた中で、東京大空襲というものと出合ったっていうのが、きっかけといえばきっかけなんですけど。
まあ、出会ったっていうことは、すごく偶然に見つけたっていうのに過ぎないような感じがしていて。そこから、卒業論文、修士論文、そして今の博士論文まで、続けてきたっていうのは、今思い返してみても、なんで自分はこんなに続いたのかなっていうことがすごくあります。ただきっかけ自体は、すごく偶然に近いなって。それで、続けてきた、続けられるのは何でかなっていうふうに自分でも思いますね。

ryogoku0101

(上村)学部生のときの教材研究などで取り上げたということだけど、さらにもっと知りたいって思うようになったのは?

(木村)そうですね、まあ、社会科の教員になるための授業を取っていくと、歴史とか地理とか政治経済とかある中で、全部に専門性は持てないので、どこかひとつをピックアップして、専門的に学んで、自分のオリジナルの授業とか教材を作るのをやるんです。それで私は、人があまりやりたがらないような単元っていうのを、やりたくて。でも、戦争やハンセン病の授業をつくって見たけれど、物足りないなって感じがして、もうちょっと続けてみようかなっていう感じがして。

(岩舘)戦争のことはもっと知りたいっていうのは話してて分かったんですけど、でもじゃあ東京大空襲で、かつ、その人たちに直接話を聞きに行こうっていうふうになったのは、どうしてだったんですか?

(木村)自分の中で大きかったのは、墨田区に「すみだ郷土文化資料館」っていうのがあって、空襲の体験画を収集している資料館なんですけど、そこで4年生の時に博物館実習っていうのを3週間やったんです。資料館の展示を作るという役割で関わらせてもらったんですけど、そこでいろいろ体験者の方とか紹介して貰ったり、実際に体験を書いた人の話を聞いたりしました。それはすごいインパクトがあって、やっぱり、社会科をやってたんで、空襲を受けてすごい被害を受けたっていうのは何となく知った気でいたんだけれども、空襲の絵を見たときに、なんか自分が知っていた空襲イメージみたいなものが、壊れるような感覚っていうのがあって。

(松尾)それはどういうイメージだったの?

(木村)イメージの中でも本当に大変だったんだろうなっていうのは、もともとあったし、体験記なんかも読んではいたんですけど、体験画の中で、その素人が描いた絵なので、うまくはないんですけど、なんかものすごい力強いタッチの絵が……。なんて言ったらいいのか分からないんですが、すごいショックを受けて。
展示っていうのは、研究と同じで、表現する一つの方法なんですけど、これを資料展示していいですよって言われて、自分に何ができるんだって、これ自分が勝手に並べちゃっていいのかって、すごい葛藤があって。それをなんか、苦しみながら、自分の展示を作りたいっていう。こう、デッサンをつくって出すんですけど、出した時に、やっぱり、もっと知らないとダメだなっていう風に感じちゃったっていうのはあります。東京大空襲をやろうっていう風になったなかでは、そこがすごい大きいです。

***

(つづく)

「NPOサーベイ、調査を語る」(2)

2014年3月3日 月曜日

先日はじまった連載「NPOサーベイ、調査を語る」。サーベイのスタッフ木村豊が取り組んでいる東京大空襲調査に焦点を当てています。前回は「東京大空襲調査のフィールドから・前編」と題して、東京都墨田区を歩き大空襲の傷跡を訪ねる様子を、ビデオ映像でお伝えしました。いかがだったでしょうか。

今回は第2回目をお届けします。「東京大空襲調査のフィールドから」の後編です。主役である木村にインタビューをして、いろいろなことを聞いています。話題となったトピックには次のようなものがあります。

  • 「はなしをしずかにきく」
  • 調査を始めたきっかけ
  • 調査の「問い」
  • 調査の方法
  • 慰霊堂でインタビューする理由
  • 調査の難しさ
  • 調査をつづける動機

およそ9分間の映像です。ぜひご覧ください。このページで再生できない時はこちらのリンク「NPOサーベイ 調査を語る 両国編 2」からどうぞ。

これからも週2回、月曜と木曜に更新していきます。次回もご期待ください。

連載開始「NPOサーベイ、調査を語る」(1)

2014年2月27日 木曜日

「ゆるやかで多様な調査経験の場」づくりをめざしてNPOサーベイが活動をはじめたのは、今から5年前の2009年のことでした。これまで色々な試みをしてきましたが、とくに力を入れてきたのは、社会調査の最前線でご活躍なさっているさまざまな方をお呼びして、研究会やワークショップなどを開催することでした。

こうした研究会やワークショップでは、いつも興味深い話題提供があり、刺激的な対話があったように思います。いろいろな方々の調査経験や考えを聞き、多くの刺激をいただくことができました。そして今、こうしたことを受けて感じるのです。次は私たちの番ではないか、と。

サーベイのスタッフもみな、それぞれの形で自分の調査研究に取り組んでいる調査者です。ひとりの調査者としてどのようなことを行っているのか、どのようなことを考えているのかを、みなさんに向けて表現してみたらどうだろう。また、それを踏まえてサーベイのスタッフたちで語り合い、その議論のあらましをまとめて、みなさんに投げかけてみたらどうだろう。そう考えたのです。

かくしてここに、私たちからみなさんに向けて発信する場をつくることにしました。題して「NPOサーベイ、調査を語る」。普段の研究会やワークショップとは趣を変えて、インターネットを舞台としてみたいと思います。これから私たちのブログ「NPO Survey Speak Out!」で連載をしていきます。

まず先陣を切るのは木村豊です。サーベイでは事務局を担当しています。東京大空襲に焦点をあわせた調査に取り組んでいます。彼自身とサーベイのスタッフで、彼の東京大空襲調査をめぐってエクスカーションや座談会、そしてインタビューなどを行い、その様子を映像と文章にまとめてみました。

これから8回にわたって連載をします。第1回目となる今回はビデオ映像をご覧頂きたいと思います。木村の主なフィールドである東京都墨田区を訪れて、東京大空襲とその調査を見つめようとするものです。およそ10分間程度です。ぜひご鑑賞ください。

このページで再生できないときは、こちらのリンク「NPOサーベイ 調査を語る 両国編 (1)」からもご覧になれます。

連載は月曜と木曜の週2回更新です。ぜひ今後の連載にもご期待ください。(つづく)

「盲ろう者へのインタビュー調査に挑む」印象記

2011年8月5日 金曜日

去る7月23日に開催された研究会「盲ろう者へのインタビュー調査に挑む――通訳介助者から調査者へ」の様子をお伝えしていきます。まず第1回目は当日の様子をまとめてみたいと思います。

 *

松谷直美さんの話題提供は「調査対象者のリアリティを損なわない分析方法について考える――アッシャー症候群の盲ろう者の就労に関する研究」と題したものでした。

もともとは通訳・介助者として盲ろう者と関わっていた松谷さんですが、現在では大学院に入学し、盲ろう者の就労をテーマにした研究に取り組まれています。その経緯からはじまり、盲ろう者とのインタビュー調査の進め方やその問題、支援者であり調査者であることの難しさと可能性などについて話してくださいました。

盲ろう者へのインタビューにはさまざまな難しい点があります。手話や触手話、指点字、拡大文字、筆談など、いろいろなコミュニケーション手段を用いなければなりません。また、抽象的な語彙では充分に理解しあえない場合があり、具体的な事例を示して確かめ合いながら説明する必要もでてくるとのことです。

そのためどうしてもインタビューは長時間に及ぶことになります。1回のインタビューに休憩をはさみながら5時間も費やすそうです。

言葉の問題はとても重要です。そもそも手話と言葉とは完全に重なり合うものではありません。やはり一般的に言って、手話は語彙や表現力が限られているそうです。したがって、手話で表現されたことをそのまま読み取って言語化するのは、果たして適切なやり方なのだろうか、という悩みが生じてくるのです。話者が伝えようとしているリアリティは、限られた手話表現の枠の中におさまりきるものだったでしょうか。

松谷さんはインタビューを逐語録に起こすにあたって、手話、表情、態度、表現の強弱などを総合的に読み取って、それを逐語録の記述にも反映させるそうです。こうして言語化するのは簡単な作業ではありません。しかしそれでもやはり、分析の素材となる言語化された逐語録は、すでにリアリティを損っているのではないかという疑念は拭いきれません。逐語録の内容をすべて話者に確認してもらうことは、現実的には無理だという悩みもあります。

このような難しさを多分に抱えた調査ですが、それでも諦めることなく挑んでいけるのは、調査者である松谷さんが、それ以前に支援者であったからだといえるでしょう。

ふだんから密な関係を持ち信頼関係を確立している支援者でなければ、障害、病気の進行、就労の苦労といった、重たい話題にまで踏み込んでいくことは難しいように思います。そもそも慣れていない人では、コミュニケーションをとること自体が簡単とはいえないのです。通訳がいたとしても、通訳との相性によっては意思疎通がとりづらいこともあるそうです。

支援者が調査者になることには問題もあります。しかし松谷さんのお話しや、研究会に参加してくださった盲ろう者の方のお話しを伺っていると、現実的にいって、支援者でなければこのような調査は不可能に近いのではないかと感じました。

支援者が調査者になると、良くも悪くも共感的な態度で調査にいどむことになりがちです。松谷さん自身はそのデメリットにも言及されていました。しかしその共感は、松谷さんの調査研究の根本になっており、欠かすことのできないものであるような印象を受けました。強い共感を前提とし、共感に導かれて行われる調査。これも社会調査のひとつのあり方なのだと思います。

4月16日研究会は延期いたします

2011年3月23日 水曜日

3月11日は世界をまったく違うものに変えてしまったようです。さまざまなものを失い、傷つけられた方々には、心からお見舞いを申し上げたいと思います。

小さな自分の無力さを思い知らされながら、予断を許さない現実に日々立ち向かわなければなりません。願わくは互いに手をとりあって、人のぬくもりを感じながら、皆が一歩でも前に進んで行けますように。

このような状況にあって、NPOサーベイはどのような行動ができるか、これまで考えてきました。もしかしたら「社会調査」も何かの役に立てるかもしれません。しかし今では、他に今すぐやるべき重要なことが山積しています。また、皆さんに集まっていただいて万全に研究会を運営できるかどうか、確信を持てない未確定要因もあります。

そこで4月16日に予定していた研究会「盲ろう者へのインタビュー調査に挑む」は、残念ですが延期することにいたしました。楽しみにしてくださっていた皆さん、申し訳ありません。体勢を整えなおし、夏頃には開催したいと考えております。

 *

NPOサーベイは会員の方々にお納めいただいた会費で活動をしています。研究会を延期した結果、活動費などに余裕が出ることになりますので、その分を会員の皆さんにご理解いただけそうなものに振り向けたいと思います。

そこでごくわずかですが、日本赤十字社と特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンに対し、NPOサーベイとして義援金・支援金を寄付いたしました。まずは被災地に向けて私たちの祈りを届けたいと願っています。

一日も早く、皆が笑顔で集まれる日が来ますように!