「社会調査データのアーカイブ化」盛会のうちに終了

3月18日に早稲田大学にて開催いたしました研究会「社会調査データのアーカイブ化―「原爆と人間アーカイブ」の試み」は、おかげさまをもちまして盛会のうちに終了いたしました。

濱谷正晴先生による話題提供はとても興味深く、その後の議論・交流も大変盛り上がりました。とても素晴らしいイベントとなったように思います。

ご出席いただけなかった方にも、ぜひ分かち合っていただきたく思います。そこで、研究会の模様につきまして、今後このブログを通してご報告していきたいと思います。どうぞご期待ください。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。