「量的調査研究の意義や疑問」コメント(3)

2012年7月29日に開催されました研究会「量的調査研究の意義や疑問」にご参加くださいました方々からさまざまなコメントをいただきました。そのいくつかを紹介いたします。

・本日は始めて参加をさせていただき、ありがとうございました。修論で用いる量的研究について、松本さんの因子分析のご研究を通じ、そのご苦労や迷いなどのお話をうかがい、とても参考になりました。また、参加者の皆様のご研究のお話をうかがう中で、これから本格的に研究に取り組む勇気をいただいた気がします。またぜひ参加をさせていただきたいと思います。

・初参加でしたが、質の高い意見交換の場に圧倒され、また大変勉強になりました。楽しみにしていた松本さんの発表は研究に至る経過や自身の体験からの疑問も含めて伺えたことで、研究者の研究背景を知る意義も感じることができました。何より、現場にフィードバックできる研究は現場の方の意見からとプレ調査も丁寧にされ、時間をかけて準備された調査票があってこその的確な結果なのだと納得させられました。そして、量的調査の重要性を強く感じるテーマと内容でした。自分を同じ対象者の方々への視点を持ち、研究に取り組まれている姿勢にも大変刺激を受け、多くの共感も得ました。本当にありがとうございました。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。