「量的調査研究の意義や疑問」報告後記

2012年7月29日に開催されました研究会「量的調査研究の意義や疑問」の報告者である松本望さんより報告後記をいただきました。

「報告後記」
松本 望(日本社会事業大学大学院)

先日は、貴重な機会をいただきましてありがとうございました。研究テーマについて議論する場はあっても、研究方法や分析手法等について議論をしたり、また立ち止まって深く考えることをしてこなかった様に思います。そういった意味でも、多くの方と様々な視点から議論をしたり、貴重なご意見をいただけたことは、私にとって、とても良い機会で、大きな励みになりました。

どのような研究手法をとるのかといった事よりも、研究テーマやデータと真摯に向き合ったり、悩んだり、葛藤をしたり、相談をして助けを求めたり…といったプロセスや、その結果を何とかまとめて発表をしたり、議論をしたり、という一連の作業こそが研究者自身にとっても、現場の方や他の研究者にとっても重要なのだと、改めて感じました。

今後も思う存分、研究に取組み、たくさん悩んでいきたいと思います。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。