「ネット時代の調査と身体」記録(1)

2012年10月28日に開催されました研究会「ネット時代の調査と身体」の中で交わされました議論について、そのいくつかをご紹介いたします。

[インターネットと社会]
・ネット社会はいつのまにか知らない間に進展していく。

・ネット社会はその中に自ら身を置いてみないと分からない。

・ネット上の秩序(例えば「炎上」することの)問題は?

・ネットに書き込む側とそれを見る側の関係は?

・ネットで得た情報が人びとの態度選択につながる。  

・ネット技術が人々を変えるとき、そこに何が働いているのか考える必要がある。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。